2005年10月14日

<赤ちゃんペット>販売禁止へ トラブル多く 環境省


 環境省は13日、来年6月から、犬や猫を念頭に生後間もないペットの販売を禁止にすることを決めた。赤ちゃんペットは環境の変化に弱く、輸送途中などで病気になる恐れがあるためで、販売を開始できる具体的な時期は調整中としている。
 販売禁止の方針は、同日開かれた中央環境審議会(環境相の諮問機関)に諮られ了承された。来年6月に施行される改正動物愛護管理法に合わせて実施される。
 国内では、「かわいい」などの理由で幼い時期のペットが人気で、同省の調査では犬、猫の約6割が生後60日以内にペットショップに仕入れられ、販売されている。しかし輸送途中で弱ったり、死ぬなどトラブルは後を絶たない。
 このため、同法の改正で動物取扱業が登録制となるのに合わせ、赤ちゃんペットの販売禁止も条件とすることにした。
 改正法ではこのほか、ペットの状態をよく確かめずにインターネットなどを通じて販売するのを防ぐため、販売前にはペットの状態を2日以上観察し、健康や安全に問題がないか確認することも業者に義務付ける。


パンチシマリス販売のショップによっては
離乳前の赤ちゃんを平気で売ってる店とかありますよね
今年、輸入規制の対象にもなったし
来年からのシマリスは国内繁殖!?値段もあがるかも知れません
ただ、輸入されるシマリスの捕獲や輸入時の粗悪な環境、
それがあるだけに、規制が入ったほうがリスにとっては
よかったかも知れません。

ニックネーム ☆つっき〜 at 04:11| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする