2005年10月11日

1リットルの涙

テレビ版の「1リットルの涙」が今夜の9時から

フジテレビ系列で放送されます。
自分は、原作で亜也さんが書いた日記「1リットルの涙」
お母さんが書いた手記「いのちのハードル」で知り
その後に映画化され、映画も見に行きました。
映画版は、亜也さんの役を演じた、大西麻恵さんの
演技が、素晴らしく、感情移入したほどで、
涙が止まらなかった、ラストの「お母さん、ありがとう」っていう
言葉がずっと耳から離れなくて。


「難病と闘いながら、ひたむきに全力で生きた姿が感動を呼び、58万部のベストセラーとなった愛知県豊橋市の木藤亜也さんの著書「1リットルの涙ー難病と闘い続ける少女亜也の日記ー」彼女の死から16年となる今年、母・潮香さんの著書「いのちのハードル」と共に映画化。
木藤さんは、中学3年生で「脊髄小脳変性症」を発病し、手足の自由や言葉を奪われ寝たきりの生活となり、1988年、25歳でその生涯を閉じました。
著書は14歳から21歳までの日記を中心に構成し様々な心情を克明に記されたものです」

ドラマは、多少原作とは違います。
亜也さんを見守る恋人役も原作にはないのですが、
「亜也にも、こんな恋愛をさせたかった」と、お母さんの希望で
実現したそうです。


大西さんからのメッセージ


「生きる」ということは、とても簡単なようで、とても難しい。
この作品は、多くの人に観てもらいたいのですが、特に今、何かに悩んでいたり、自分を見失ってしまっていたり、物事から逃げを考えたり、よくわからなくなっている人に観てもらえたらなと
思います。

今をどう生きていくかは、何に対しても、自分自身の気持ち次第で変えられる、変われる、ということを伝えることができ、これから何かを成すための、きっかけやエネルギーを与えることができたらいいな・・ と思っています。


カチンコ映画の予告編

http://www.allout.co.jp/movie1media.htm

カチンコ作品紹介

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=5192

夜ドラマ版の公式サイト

http://www.fujitv.co.jp/tears/index2.html

ニックネーム ☆つっき〜 at 16:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする